043 New York_edited.jpg

お客様の声

Eさん 20代 女性

正直心のどこかで「一生付き合っていく素質」だと諦めていました。
“新しい認知”というメガネをかけたような感覚で、
物事の見え方・受け取り方をゆっくりと変化させることができました。

これまで長らく、「自分のこころともっと上手に付き合いたい」というゴールのもと、本を読んだりコーチングを試したりと試行錯誤してきました。私の場合、自分の性格で明確に直したい部分があったのですが、正直心のどこかで「一生付き合っていく素質」だと諦めていました。

そんな最中、マイコーピングを通じて自分の思考や認知の仕方・クセをプロに指摘してもらい、それらを意識した上で軌道修正を促せるようになることで、”新しい認知”というメガネをかけたような感覚で、物事の見え方・受け取り方をゆっくりと変化させることができました。良いカウンセラーさんに出会えたのも大きいですし、生きやすくなったなぁと感じています。

Tさん 20代 男性

​私はこれからもカウンセリングとセルフモニタリングを続け、荒れた道でも転ばずに一歩一歩踏み出す技術を身につけていこうと考えています。青い鳥を探し回って迷走ばかりしていた私に、現実を変えるには目の前にある今に対峙していくしかない、と教えてくれたカウンセリングには感謝してもしきれません。

カウンセリングを受けてよかったことは、自分の人生に「不安や憂鬱に苛まれない、平穏で幸福な日」が訪れたことです。

 

カウンセリングを受ける以前の自分は、常に焦燥感や不安感に心を支配されていて「平穏な日々」がまるでありませんでした。常時落ち着かない状態で生きていて、そこに強いストレスがかかると鬱の波が襲いかかってきて、一日寝たきりということもザラでした。

 

私はそのような状態の自分を強く責めていました。 なんで自分はこんなに弱いんだろう、どうしてこんな心になってしまったんだろうと毎日毎日自分自身に落胆していました。 余りの惨めさに、悔しさで泣いたことも一度や二度ではありません。惨憺たる毎日と自分を受け入れられなかったのです。

 

こんな日々から抜け出したいと強く願っていたときに徳政さんに会い、岩間さんのカウンセリングを受けることになりました。

 

初回時はかなり精神的に追い詰められていた時で、鬱も酷かったですが、一回目で「この人となら、自分の心の課題を解決できるかもしれない」と直感的に感じたことを今でも鮮明に覚えています。 それから2週間に1度のペースで、岩間さんとのカウンセリングを行い、経過報告とアセスメントの説明をコツコツと積み重ねていきました。

 

岩間さんはただ肯定するだけでなく、時に厳しさを持って私の認知に対してのFBをくれます。私に、この岩間さんの優しさを孕んだ鋭い指摘・言葉に幾度となく救われました。

 

例えばある会で、「何故、Tさんはそんなに自分を責めるのでしょうか。心はもうやめてくれ、って言ってるんだと思いますよ。」と声がけしてもらいました。このセリフが数週間、私の脳内でリフレインして、邪悪な認知を止める支えとなってくれました。

 

上記は一例ですが、そのようにカウンセリングをコツコツと続けて半年弱、一番の変化は自己否定をすることが大幅に減ったことですね。結果、以前と比べると信じられないくらい生きやすくなっています。毎日毎日自分に言葉の暴力をしていたのを辞められたのですから、考えてみると当然です。

 

更に今では、自己否定ループに入るまえに、自分自身の心の暴走をなだめることが出来るようになってきました。いわゆる「メタ認知」が出来るようになってきて、今ではネガティブな考えに支配される前に以下のようなことを呟くようになってきました。 「あぁ、なんか変なこと考え始めたなぁ。落ち着いてー、大丈夫だからー」 「はい、そんなこと考えない、自分を責めない、自己否定しても意味ないよー」 こうしてネガティブが襲ってきた時に以前なら即、鬱の海に溺れてしまっていただろうストレス状況に対して、かなり踏ん張りが効くようになってきています。

 

自動思考はすぐには直せるものではありませんが、マイコーピングのカウンセリングを受けて「変えられる」ものだと、今は強く確信しています。それは、「時間はかかるかもしれないが、絶対によくなる」ということを岩間さんとの半年で実感することが出来たからです。

 

マイコーピングに出会えてなかったら今頃どうなっていたんだろうと怖くなります。それと同時に、こうした今も以前の私のように心を扱う技術を知らず、自分で自分を責め、苦しみ続けている人がいると思うと胸が痛いです。 過去の私は、もう自分の人生はこのままずっと暗いままで、この先には何もないと絶望しきっていました。そんな人生にマイコーピング(カウンセリング)という光が差し込み、今では先の道が見通せるようになっています。

 

私はこれからもカウンセリングとセルフモニタリングを続け、荒れた道でも転ばずに一歩一歩踏み出す技術を身に着けていこうと考えています。 青い鳥を探し回って迷走ばかりしていた私に、現実を変えるには目の前にある今に対峙していくしかない、と教えてくれたカウンセリングには感謝してもしきれません

Wさん 20代 女性

問題があったときに漠然と自責するのではなく、「あー今の自分はこういう状態なのだなあ」とニュートラルな形で気づき、対策(コーピング)を打てるようになりました。

カウンセリングを受けたおよそ半年の期間に社会や自分の仕事・プライベートの変化等も重なり、結果として半年前よりも大変良い状態に自分を持ってくることができたなと思っています。

特に認知行動療法の成果として感じられるのは以下の2点です。

①問題があったときに漠然と自責するのではなく、「あー今の自分はこういう状態なのだなあ」とニュートラルな形で気づき、対策(コーピング)を打てるようになりました。

例:携帯を在宅勤務中に見すぎているときに、以前は「仕事中にこんなに携帯を見てしまうなんて自分はだめだ、何か対策しなければ」と考える状態だったのですが、「今日は携帯をついつい見てしまうようなコンディションなんだなあ」「ということは携帯見るより休息になる昼寝や1分瞑想をするとコンディションがマシになりそうだな」という考えができるようになっています。

 

②「(数年前のものも含め)過去の決断が最良でなかったのではないか」と、くよくよ後悔することがよくあったのですが、その頻度が大幅に減り、現状に対して安らかな気持ちで肯定的に感じられるようになりました。過去の決断のために今実際に問題があったとしても、過去の自分を責めるのではなく今の問題として切り分けて考えられています。

カウンセリングによる間接的な効果と配属の変更等仕事上の他の変化が組み合わさり、今まで自分の仕事やキャリアに自信を持てていなかったのが、意義のある経験を積み重ねられている実感を得られるようになりました。目の前の仕事の質を上げることにより集中できており、成果にもつながりつつあることも感じています。

さらに、私は主に仕事について目標設定をしてモニタリングを進めてきましたが、

プライベートの変化として大きかった住宅購入の際も、その時々の心配事を相談することができ、また認知行動療法のスキームで対処できて乗り切りやすくなりました。

 

全体として、受けることができて本当によかったなと思っています。ありがとうございました。

Aさん 20代 男性

ストレスのかかる状況に陥った際、「そんなこともある」とストレスを受け入れて 良い意味で受け流すことができるようになりました

◆カウンセリングを受けて良かった点

  • 岩間さんから自身の観察(=モニタリング)の仕方・思考モデルについて教えていただき、 モニタリング結果を見ながらトレーニングをして下さった点。 一般的なイメージの「話を聞いてもらうだけのカウンセリング」ではなく、 状況を良くするためのトレーニングをしてくださったと感じております。

  • モニタリング結果を一緒にレビューしていく中で、 私の物事の受け取り方に対し「こういった考え方もできるかもしれない」といったような 「別の考え方」があることを示してくださった点。 日常生活において、思考の負のループに陥ることが多かった私にとっては、 新たな視点を取り入れる良い訓練になったと感じております。

  • カウンセリング開始時に明確な目標を設定し、 目標を達成できるようなトレーニングを実施してくださった点。

  • 岩間さんが私の悩み・考え方を真摯に受けて止めて下さり、 そのうえで現状を改善できるように分析に努めてくださった点

  • 個別の生活リズム・思考のクセをよく把握したうえで、トレーニングに伴走してくださったと感じております。

◆カウンセリングを受けて変化した点

  • 自身の考え・物事の受け取り方・心と身体の状況を客観的に見ることができるようになった点。

  • 陥りがちであった負の思考から脱することができるようになった点。

  • ストレスのかかる状況に陥った際、「そんなこともある」とストレスを受け入れて 良い意味で受け流すことができるようになった点。

  • 仕事とプライベートの切り替えができるようになってきた点。 以前は、仕事が終わった後

  • 休みの日でも仕事のことが常に頭をよぎり、 常にイライラ・漠然とした不安を抱えていたが、 少し生活にメリハリがついてきたと感じております。

Hさん 20代 男性

自分の認知の癖を把握することができたため、悩んでいる状態から抜け出し、良い状態を保つための技術を身につけることができそうです。

カウンセリングを通し、自分自身を客観的に捉えることが出来るようになったことで、本心に気づき、自信を取り戻すことができました。 カウンセリングでは、特定の状況における自身の反応を、認知・感情・身体・行動の観点から、率直に、ただただ記録していきます。それをカウンセラーと会話しながら振り返ることで、心の動きが外から見えるようになりました。 自分の認知の癖を把握することができたため、悩んでいる状態から抜け出し、良い状態を保つための技術を身につけることができそうです。

 
 
 
朝の光